染まらない白髪


みなさんこんにちは

目白の美容室Lussoの大河原です^^

みなさんは、美容室で白髪染めをする時ちゃんと染まらなかった経験などはございませんか?

日によって「あれ、、?白髪が浮いてる、、?」など思ったことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

白髪が浮いてしまう原因

なぜ浮いてしまうのか、その原因を見ていきましょう!

白髪染めと言っても真っ黒に染めるだけではございません。

やや明るめのトーンで染めて、白髪が伸びてきてもわかりにくくしたい方など、いらっしゃると思います。

その場合、お白髪が多いところとあまりないところ、お薬をわけて染める必要があります。

明るめに染めるとなると、明るめのカラー剤で染める必要があります。

暗めのカラー剤の方がもちろん濃い色素ではありますので、

薄い色素(明るめ)で染めたら薄く入ることになります。

オシャレ染め

カラー剤も基本的には2種類に分かれており、オシャレ染め白髪染めがございます。

黒い色素を壊しながら色を入れる薬剤になります。色味を変えたり、明るくしたりするのが得意なカラー剤になります。

白髪染め

基本的に黒や茶色の濃い色素が多く、白髪をしっかり染める事が得意なカラー剤です。逆に明るい髪をしっかりと暗くする事ができます。

明るめカラーのメリット・デメリット

メリットは白髪がのびてきたときに気になりづらい、ぼかせるなど。

デメリットはしっかり染まりにくい、少し浮いてしまう。

暗めカラーのメリット・デメリット

メリットはお白髪がしっかり染まる。

デメリットは伸びてきたときに黒と白の色の差でわかりやすい。

明るめに染めたいときはどうしたら良いの?

明るめに染めたい、でもお白髪も気になるお客様には、序盤でもお話をした”カラー剤をわける”

という選択がございます。

お白髪にはしっかり染まるギリギリの明るさのカラー剤を使用し、毛先はファッションカラーで明るめの色をいれてあげるということもできます。

仕上がりとしてはグラデーションの様な感じで、少し根元が暗いから変ということにはなりません。

番外編

白髪は染めたいけど明るめに見せたい方にはハイライトもオススメです。

ハイライトはポイントで明るい色を入れる事です。

明るい髪色の筋が入るので、こちらも伸びてきたお白髪をぼかすことができます。

とくに夏は髪色を明るく見せたい方が多く、今のシーズンとても人気です^^

まとめ

このように、お白髪を染めるには色々な方法などがあります。

Lussoではしっかりとカウンセリングさせていただき、メリット・デメリットも含めてご提案させていただきます。

他店でうまく染めてもらえなかったなど、ございましたら、ぜひ一度Lussoへお越しください!

2020年8月21日
カテゴリー:ブログ
タグ:

目白駅徒歩5分 目白通りから1本入った閑静な住宅街に美容院Lusso
〒171-0021東京都豊島区目白3-7-6 花楓ビル2F
Tel.03-5906-5404

「ブログ」関連の記事

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • Copyright(c) 2014-2017 Lusso All rights reserved.