目白の美容室・居心地のよい美容院Lusso(ルッソ)

News & Column

☆知っ得☆ 海、プールの恐怖から髪を守る方法!

Lusso Blog髪にまつわること

こんにちは 田中です(^^)

夏のレジャーは楽しい事が満載ですが、海やプールはやはり 夏レジャーの代表格ですよね!

冷んやり水の中で太陽をいっぱい浴びて遊ぶのは夏ならではですが、海やプールに入った後って髪がとんでもなくごわついて悲しくなりますよね。

今日は夏のレジャーを安心して楽しめるように

☆なぜ、海やプールに入ると髪がきしむのか?

★海、プールに入る前に髪にしておくべき対策

☆アフターケアのあれこれ

をお伝えしますね!

まず、海やプールで髪が受けるダメージとその原因

海には塩分、プールには塩素が含まれており、これらの成分が髪をきしませている原因、

カラーをされている方は白髪染でも、ファッションカラーでも退色を引き起こします

海から上がって濡れた髪を、そのまま放置すると乾いていく過程で小さな塩になり 髪全体にくっつきます。

髪の毛に塩がついた状態は 手触りがザラザラ、海水の弱アルカリの影響で髪のキューティクルが剥がれてツヤ髪が台無しになってしまいます。

プールにも海水と同じ弱アルカリ性である『塩素』が含まれているので浸かっている程、髪にどんどんダメージが蓄積していきます

イメージとしては、、

ものすごく薄めた漂白剤に長時間髪を浸している感じです。 傷むのも想像できますよね!

しかも!!

この塩素は紫外線のダメージを大きくする作用もあるため真夏の屋外プールは要注意なのです!!

では、ダメージを少しでも遠ざけるために海やプールに入る前にしておくべきことをお伝えします

まずは 髪用の日焼け止めを塗る!

お肌同様、髪も紫外線のダメージを受けます

顔、体の対策は万全でも 髪まで意識してケアされている方はそんなに多くない気がします。

髪用の日焼け止めはドラッグストアでもお手軽に購入できますし、LussoでもUVケアがはいったアウトバストリートメントを販売しております。

気になる方は香り、テクスチャー等お試し頂けますのでお気軽にご質問下さいね!

そして次に、髪を必要以上に濡らさない!

1、海やプールに入る

→((髪が濡れて影響を受け始める))

2、上がって休憩

→((髪がそのままの状態で乾く、更に悪化))

3、 1、2の繰り返しでどんどん状態が悪化

→((更に紫外線の影響を受け、髪にとって最悪な状態で、傷みが更に加速))

このような負のサイクルになります

濡れる時間が長いほどキューティクルが開いたままになってしまうのでカラーをしている方ですと色味も抜けていってしまいます。

髪へのダメージは大きくなるので必要以上に濡らさないのもポイントです。

海やプールに入った後はしっかりアフターケアをしましょう!

その日のうちにお風呂でシャンプーをして、トリートメントでいつもより丁寧にヘアケアをするのは鉄則です!

濡らした際にあまりにもギシギシなようならシャンプー前に 少し毛先にトリートメントを馴染ませ指通りを良くしましょう!無理にひっぱったりゴシゴシすると余計に髪に負担がかかります

シャンプー後のトリートメントは髪の中間〜毛先に馴染ませて少し時間を置くとより浸透率が上がります

最後に、ドライヤーで乾かす前のアウトバストリートメントで補修、保湿成分を補給してから根元中心にしっかりドライヤーで乾かします

ドライヤーで乾かさないとキューティクルが開いたままになり、髪が傷む原因になりますので大事なポイントですよ!

夏は髪にとって多くのダメージを受ける時期ですが、きちんとケアをすれば何も心配はいりません。

海やプール、その他のレジャーでたくさん遊んで、夏を満喫して下さいね!

素敵な夏になることを願っています♪

目白 美容室 Lusso(ルッソ)

☆TEL ☆

03-5906-5404

☆ホットペッパービューティー☆

http://beauty.hotpepper.jp/smartphone/slnH000287288/

☆ホームページ☆

https://mejiro-lusso.com

☆Facebook☆

https://m.facebook.com/profile.php?id=1645937008965212&refsrc=https%3A%2F%2Fja-jp.facebook.com%2Fpages%2FLusso%2F1645937008965212

Lusso 公式LINE ID @kui2684k

»