目白の美容室・居心地のよい美容院Lusso(ルッソ)

News & Column

ドライヤーの仕方。

髪にまつわること

こんにちは!イガリです。今回はヘアケアのベースとなるドライの仕方をお教え致します。
まず、ドライヤーを使う人、自然乾燥な人で分かれると思います。
結論から言うとドライヤーを使ったほうが、断然早いです。当然なことですが、乾かした後に有効に自分に使える時間も確保出来ますし、更に頭皮や髪の毛にも良いです。かわかさないで寝てしまったり、乾くまで放ったらかしにしていたら、頭皮の匂いや、ベタつき、薄毛の原因になりますのでやめていただきたいです。
お風呂から上がったら、まずタオルドライをしていきます。髪の毛同士を擦り付けないように、タオルでゴシゴシではなく、パンパンっと髪の毛を優しく叩くイメージで水分を8割ほど拭き取ってあげて下さい。後の2割はドライヤーを使って乾かせばいいのです。
ドライヤーを当てる前に、オイルやミルクタイプのアウトバスを、毛先〜中間に付けてあげて下さい。(根元には付けないようにご注意を。)
ドライヤーは、20センチ以上離して、ドライヤーの先端部の風が全体的に行き渡るようにノズルを振ってあげて下さい。

自然乾燥の人はまず、ドライヤーで乾かしを。

だいぶ、ツヤなどが変わってくると思います。!
以上イガリでした。

»