目白の美容室・居心地のよい美容院Lusso(ルッソ)

News & Column

正しいドライヤーの乾かし方☆

ブログ

こんにちは!

ルッソの稲川です!

皆さん、正しいドライヤーの乾かし方で

髪の毛のダメージを軽減したり

クセがうまく伸びないなどあると思います!

そこで今回タオルドライから

ご説明させていただきます☆

◯自然乾燥はやっぱり良くない?

ドライヤーで乾かすのが面倒くさい方や

夏になると暑いから自然乾燥にしてる方が

多いと思います。

実は、髪の毛を洗ってすぐ乾かさないと、

水分が髪や頭皮に付着したままなので

雑菌が繁殖して、フケやかゆみや匂いの原因に。。

なので、お風呂から上がったら

しっかり乾かしていきましょう!

◯ドライヤーよりもタオルドライが重要

ドライヤーの当てる時間が長いと

熱へのダメージがあります。

パサつきや乾燥してしまう原因なのです。。

なので、タオルの上から指の腹で頭皮を

マッサージするように水気を拭き取ります。

次に、髪の毛はタオルでこすり合わせないで、

タオルで挟んで押さえるようにして

水気を吸い取りましょう!

ロングで毛量が多い方は、

タオルを巻いて少し時間を置くのもいいです!

ドライヤーの前にしっかりタオルドライをすると

ドライヤーをかける時間短縮になり

髪も傷ませません。

◯粗めのコームやアウトバスでケアを、、

粗めのコームやブラシで髪をとかします。

細かいコームだと引っかかって

傷めてしまいます。

そして、オイルやミルクをつけて

ドライヤーの熱から髪を守り

ブラシとコームの通りをよくし摩擦から守る、

パサつきを抑えてくれる効果があります。

オイルやミルクのつけすぎてしまうと

ベタついて乾きにくくなるので、ご注意ください!!

是非とも、髪の毛を傷ませないために

粗めのコームやアウトバスも

見直してみてください。

◯ドライヤーの当て方、乾かし方、、、

ドライヤーと髪の毛は10cm程度離して当てます。

先に根元だけ、乾かします。

ドライヤーは1点を集中させて乾かすのではなく、

風を散らすようにドライヤーを振りながら

当てましょう!

毛先は、ダメージがあって乾きやすいので、

最後に乾かします!

最終的には、髪の毛全体で8~9割乾いてる状態で

ストップです!

そして、2つポイントがあるので

おさえていきましょう!

☆Point 1 えりあしから乾かす

顔まわりは自然と無意識のうちに

ドライヤーを当てやすいので

顔まわりだけが乾かしすぎてしまい

パサつき、後ろが乾かないという方が

多いと思います!

なので、しっかり後ろから

乾かしていきましょう!

☆Point 2 上から下に向かって当てる

上から風を当てることにより

キューティクルを閉じてくれます!

最後に冷風をあてると

キューティクルを締めることにより

ツヤ感が出ます!

◯色んなスタイルの乾かし方

*ロングヘアの方、髪にボリュームを出したい方は、、

下を向いてドライヤーで乾かします!

ロングヘアの方は、根元が乾かしやすくなるので

乾くのが早く実感できます!

髪のトップのボリュームも

出やすくなるので一石二鳥です!

*広がりやすい方やクセがある方は、、、

ある程度乾いたら、髪の毛を写真のように

下に引っ張るように根元から毛先に向かって

ドライヤーを当てます。

ネジって引っ張って、熱を当てることにより

根元は伸びて、毛先はワンカールされます!

*前髪がうまく流れてくれない方は、、、

お客様1人1人、生え癖があるので

強く言えませんが、、

前髪の乾かし方は流したい方向と

逆の方向に始め乾かして

流したい方向に向かって乾かすと

自然と流れてくれます!

前髪の生え癖によって乾かし方が

変わるので、サロンで乾かしているときに

見てみてください!

そして、こちらからも、

ご提案もさせていただきます!

お客様1人1人悩みも違えば

髪の毛の生え方も違うので

是非、スタッフにご相談ください!!

»