目白の美容室・居心地のよい美容院Lusso(ルッソ)

News & Column

白髪染めで髪が痛む?

ブログ

白髪染めは、ファッションカラーに比べて頻度が高かったり、しっかり色味を入れたり…。

「これ、髪にすごく負担をかけているのでは…?」と思う方もいらっしゃると思います。

今回は白髪染めで痛む原因と対策などについてお話します!

白髪染めで髪が傷む原因

白髪の量にもよりますが、早い方で2週間で染める方も多い白髪染め。

ファッションカラーだと通常1ヶ月〜2ヶ月ほどで染めるので、明らかに白髪染めの方が頻度が高めです。

そこで、毎回毛先まで染めていませんか?

ホームカラーをしている方に多いのですが、毛先まで染めるということは、ダメージが積み重なるということ。

頻繁に毛先のカラーを続けることで、バシバシと、固くごわつくようになってしまいます。

もうひとつ原因としてあげられるのが、カラー剤に入っている化学物質。

カラー剤にはジアミンという強力な染色剤の成分が入っており、しっかり染める白髪染めには特に多く入っています。

ジアミンは非常に刺激が強い成分ですので、髪を傷める原因に。。

市販カラーとサロンカラー

市販のカラー剤は、誰でも簡単に染められます。

泡タイプのものやコームがついていて塗りやすいタイプなどありますね。

ですが、誰でも染まるように強い染色剤・脱色剤が使われています。

伸びた部分と既染部の塗り分けもできないため、根元から毛先まで同じ強いお薬を塗布することになります。

一方でサロンカラーはプロ仕様。

色味、明るさ、髪質に合わせた薬の配合が難しく、美容室でしか行えません。

ですが、髪の傷み具合、髪質や色の抜け具合に合わせた提案、選定が可能です。

お薬の塗り分けができる分、最小限のダメージで済みますし、あまりにダメージが大きい場合は毛先を染めず、根元のみ(リタッチ)の提案ができます。

ホームカラーは安価で手軽にできてしまいますが、髪は傷む一方。

暗くなりすぎて元に戻すことが難しくなったり、パーマなどの施術が行えなくなる場合もあるので注意が必要です。

サロンカラーはプロの技術で金額も高く、出向くための時間や手間もかかりますが、髪を綺麗に保つためには圧倒的にオススメします!

Lussoのオーガニックカラー

Lussoでは、カラー剤をオーガニックカラーで統一しています。

天然由来成分で頭皮への刺激が少ない優しいカラー剤。

今までのお店で染みたのに、このカラー剤で染めると染みない!ヒリヒリしない!という声を多く頂きます。

頭皮の保護剤、また事前にご来店頂きパッチテストも可能ですので、今までカラーに悩まれていた方はお気軽にお電話等でお問い合わせ下さいませ。


いかがでしょうか?

他にも普段のケアが極端にできていなかったり、毎日アイロンなど過度の熱ダメージなどを与えていたりすると、髪は簡単に傷んでしまいます。

サロンカラーで綺麗な髪を保ちましょう!

»