目白の美容室・居心地のよい美容院Lusso(ルッソ)

News & Column

美容室のトリートメントの見分け方

ブログ

こんにちは、目白の美容室Lusso(ルッソ)の飯村です。

皆さん美容室でトリートメントをした際、仕上がりがあまり効果が分からなかったり、手触りが2〜3日でトリートメントする前に戻ってしまったりした経験はないでしょうか?

例えば、シャンプー台でトリートメントの薬液をつけて、直ぐに流されせしまったり、お席で2種類くらいの薬液をつけて、少し加温して終了してしまったりされた経験はないでしょうか?

このようなトリートメントは、髪の毛の表面のみをコーティングする重視の、トリートメントになります。

コーティング系トリートメント

確かに、髪の毛の表面をらしっかりとコーティングすると、手触りがツルツルにはなりますが、何回かシャンプーするとコーティングがどんどん剥がれていってしまいます。

ですので、短い期間しか効果のないトリートメントなのです!

サロンにもよりますが、カットとカラーリングの料金に、プラス1000円や2000円ぐらいで施術可能なトリートメントはコーティング重視のものが多いと思います。

ドラックストアなどで売っているリンスやコンディショナーも、髪表面に薄い膜をつくってコーティングするので、洗い流した後に一時的にツルツルになりますが、こちらも持続性はありません。

コーティング系のサロンでのトリートメントはリンスやコンディショナーにちょっとどけ髪の毛に良い成分が入ったようなものなのです。

髪の毛が綺麗になり、髪質を改善するようなトリートメントは、髪の毛を内部から補修してくれるものになります。

元々髪の毛は18種類のアミノ酸から出来ています。カラーリングやパーマを繰り返しすると、このアミノ酸の栄養がどんどん失われてしまいます。髪の毛にパサつきが出たり広がってしまったりします。

内部補修系のトリートメント

内部補修系のトリートメントは、しっかりと髪の毛に必要なアミノ酸を与えそれが抜け出ないように表面をコーティングするようなトリートメントになります。

ですので、2種類ぐらいのトリートメントの薬液をつけて施術が終わる内部補修系のトリートメントは、まずないと思います。

Lusso(ルッソ)のトリートメントは、種類にもよりますが、最低でも6種類の薬液をつけて行うものになります。

価格も一番お手頃なものでも4400円になりますが、何段階にも分けて髪の毛に必要な、栄養を入れ込んでいき、赤外線プレートを使って行うもだったり、髪の毛全体を蒸して薬剤を浸透させたりなどの手間や、ただトリートの薬液をつけて流すものではないので技術料も含まれております。

トリートメントの施術方法

タッピングを入れて髪の毛に栄養を入れ込んだり、ヘアマッサージをしてキューティクルを整えながら、栄養を入れ込んだり、髪の毛の状態をその都度チェックしながら薬剤の種類を選んだり、髪質やダメージレベルに合わせて適量を塗布したり、濃度が元々濃くてベタベタになってしまう可能性もあるので、様子を見ながら調節しております。

ですので、Lusso(ルッソ)のトリートメントは猫っ毛の方でも、しっとりし過ぎず、サラサラな仕上がりになりますよ♪

もちろん、癖や乾燥で髪の毛が広がりやすい方には、広がりを抑えつつしっとりとした仕上がりも、トリートメントの種類や施術の仕方でお選び頂けます!

髪の毛の手触りや、ダメージが気になって髪の毛を伸ばされている方でも、傷んだ毛先部分を切ってしまう方がおりますが、しっかりとした内部補修系のトリートメントを定期的に行って頂きますと、必ず髪の毛は綺麗な髪の毛に戻っていき、髪質改善することが可能ですよ♪

是非、Lusso(ルッソ)で髪質やダメージに合わせたトリートメントを、オススメさせていただきますので、髪の毛のお悩みを一度ご相談下さいませ。

»